BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 本質的なものに重点をおく 2 ――

<< 本質的なものに重点をおく 1 | main | 本質的なものに重点をおく 3 >>

Category: < 世界革命 > | 2008.04.21 Monday 11:00

本質的なものに重点をおく 2

5年ほど前だろうか、山岸会初期からの人、初めて鈴鹿を訪れた時に、さぬき兄弟やつくしんぼ保育園を紹介したけど、全く興味も関心も示さず「ここでどんな研鑽をしているのですか」との言葉。実に淡々と、又すがすがしくも聞こえ、とても辱かしく思った。

○○さんライフミーティングに来たよ、すごく喜んで帰ったよ、合宿研にも参加するって、会員にもなるって、
○○さん鈴鹿に引っ越して来るって、as oneで働きたいって、
・・・何を言いたいのだろう、何が嬉しいのだろう、どんな心境なのだろう、
事業をやろう、お店をやろう、若い人が集まった、評判も上々、業績も上々、計画も着々、予定通り、予想以上、思いがけない嬉しい事態、
・・・何をやろうとしているのだろう、何が嬉しいのだろう、どんな心境なのだろう、

本当の積み重ねからしか本当の実現はないと思うけど。
私がやっていること、私が嬉しいと思うことは、本当(真実)なのか。
本当・真理・真実 を私は嬉しいと思い喜ぶのか。私の喜びは何処から?

成績が上がるのを子に望む親なら、成績上がれば嬉しい
礼儀正しきを子に望む親なら、礼儀正しくなれば嬉しい
研鑚会へ行くことを望むなら、研鑚会へ行くとなれば嬉しい
自分が正しいとか良いと思うことが実現すれば嬉しいという次元ではどれも同じかな。

「本当の社会」とか「本当の生き方」とか言うけど、ホントウに「本当(真実)」に関心あるのかな? そこをメインに暮らしているのかな? あまり関心あるように見えないけど・・・。
あまり関心ないのに 実用・実現する筈ないと思う。

Trackback URL


Comments

ホントウに「本当(真実)」に関心あるのかな? そこをメインに暮らしているのかな? 
ほんとうにそう思います。
良いと思うことで喜ぶ
ホントウに関心がないから思いの世界でやろうとする、、
逆方向へいこうとしていた
自分の実際を知る、、ところからかなあ。

Comment form

▲ page top