BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 人は同じ ――

<< 経過と方向 | main | 人間学びの7年半 >>

Category: < 人 間 理 > | 2008.04.06 Sunday 15:00

人は同じ

数十億の人がいるそうだが、人間はみな同じと思う。
3人でもいいけど・・・、
10人くらいで、ひざを突き合わせて、人生についてトコトン話し合えると、自然に、世界人類に通じるものが出来てくると思う。
ちっとも難儀なことではないんだけど、そういうのって、まだどこにもないかも。
それができない、やろうとしないが故の今日の人間社会かな。
もしかしたら世界のどこかにあるかも。あれば、そこには実現してるだろう。
世界に通ずるもの。それをやろうとしてやっている。
学説や理論、知識や経験、教育や躾け、信仰や教え、道徳や規則、判断や分別・・・・「人間の考えで こうだ とするもの」を一切持たないで、生まれて死ぬまでの人の一生を観てみると、みな同じであることが分かってくる。
自分の人生の目的と凡ての人の目的が重なってくる。
もう既に幾千もの人生を歩んでいるのだろうか・・・。

「合宿研メモ」より抜粋 「人生を知るための研鑚会」

Trackback URL


▲ page top