BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 経過と方向 ――

<< 順序と道筋 | main | 人は同じ >>

Category: < つれづれ > | 2008.03.29 Saturday 13:00

経過と方向

2001 本当の社会を作ろう 一つで・・・持たない・・・
      ↑  仲良い・・・生き生きと・・・
2002 その前にじっくりと研鑚する機会が要る(合宿研鑚会)
      ↑  何をやりたい?自分をどう活かす?何のために生きてる?
      ↑  適正試験科合宿研鑚会
2005 その前に現状の自分がどうなっているかを知るために、
      ↑  自分の考えを自覚できるように
      ↑  自分を知るための合宿研鑚会
2006 研鑚会で自分を調べるためにも、先ず自分を観察できるように
          自分を知るための内観コース

ここからでいけるのだろうか? まだまだ模索中

    自分を知るための研鑚会
    人生を知るための研鑚会
    社会を知るための研鑚会
総親和社会への精神革命  心理的方面の解決と社会構成の真髄
・・・という課題に適っているかな? ここをクリアできるだろうか?



人間の考え(自分の考え)とはどういうものか
現状の自分の考え(人間の考え)はどうなっているのか
自分の考え(人間の考え)で思っていること捉えていること、の自覚
自分も人も凡ゆる物事・知識・経験・記憶など、自分の考え(人間の考え)で捉えているとの自覚
この自覚のなさ 自分の考えていることがそうだとする自己盲信状態
天が動いているように見えるから天が動いているとする天動説的観念、
一人相撲、頭デッカチ、一喜一憂(麻薬)自家中毒
人間としてのベース 自己を観察できる知性(自分の考えの自覚)
これがないのは似非人間



真の人間は、一人一人に脳があり、考える知的能力があり、意志を生成し、自分で考えて行動する。
「自己の自覚」と共に「自己への探究心」も生まれる。
    ↓
自分の存在や成り立ちへの関心、人生の意義や目的への好奇心
    ↓
自分の知能で考える。人間観・人生観・幸福観・社会観・・・思想形成
自分の目的を知り、自分の思想を生きる・・・人格形成
    ↓
日常生活の凡てに、思想が現われる。人格が現われる。

意志薄弱・目的薄弱・思想薄弱・人格薄弱・・・日常生活で自分が何をやっているのか、それをやってどうなるのか、どうなっているのか、自分の生活・自分の人生に関心がない。
(自覚レッスンに取り組んでいても自己への探究心が伴って出て来ないのはニセモノ)
そういう点を指摘すると、「関心はある、もっと考えたい」とか云う。
でも、云うだけで、実際は、「関心がない、考えようともしていない」(という自覚がない)
自分の頭で考えて行動する人が増えれば、「やらされる」感は自然消滅・死語になるだろうね。
真の人間は、真実の自分、本当の幸福、真目的、真実の生き方を、欲求し、指向し、より良い社会を創造し、考え行動する日常生活を送るだろう。

Trackback URL


▲ page top