BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 順序と道筋 ――

<< 懐古・回顧 かな? | main | 経過と方向 >>

Category: < つれづれ > | 2008.03.27 Thursday 10:00

順序と道筋

ヤマギシ経て来た殆どの人に「幸福社会実現」みたいな言葉はインプットされてるよね。
でも、実体のない空想・妄想みたいなものでね。
会員さんも鈴鹿にきた元参画者も「社会づくりやりたい」って来たけどね。
「やってみせてよ」と云いたい。
せいぜい仲良しサークルの「ごっこ」の域を出ないよね。(精神面だけの・・・)
社会像が全くないと云いたいくらい貧弱。
  (ヤマギシの形態を引き摺った仲良し社会・一体社会とか・・・)

社会とは何か?をやっていくと、どこかにあるのではなく、長年刷り込まれてできた頭の中の社会観が社会を形成しているのではないか。
現状は、どんな社会観で生きて暮らしているのか、どんな社会になっているのか。
すると、社会観の元には人間観があるな。人間観・人生観が制度・機構や政治・経済に至る社会の根幹を成しているな。
現状は、どんな人間観・人生観で暮らしているか。
これも、長年刷り込まれてきたもの。
果たして、人間とは、人生とは、と行きたいところだが、その前に・・・・、
現状の自分は、どんな「観」になっているのか、自己観察 ⇒ 客観視 ⇒ 自覚 という課題が浮き彫りになってくる。
自分の観念の自覚もなく、人間や人生の一般論の議論に熱を入れている姿はチョット辱かしい。
人生とは、社会とは、と行く前に「自分を知る」を重視する所以です。
自分を知って、人生を知って、それから社会を論じられるのではないか、という見解から、研鑽ライフセンターの今日の構成ができてきた訳です。

Trackback URL


▲ page top