BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 八、盲腸炎 ――

<< 九、山岸養鶏成功の最大条件 | main | 七、鶏界を毒するもの >>

Category: <山岸養鶏の真髄> | 2003.10.31 Friday 23:43

八、盲腸炎

=本当に儲けたいなれば、この文章を
  見逃さないように熟読して下さい。=


 去る日、東北地方養鶏巡講の旅から帰られた山本康夫講師の土産話のうちに、或場で熱弁中、聴講者の一人が突然元気な声で、「盲腸炎にかかった。京都の病院へ入れてくれ。余り痛くないように頼むよ。」と云ったそうです。
 コレは余程頭のよい人の言葉だと思うが、これだけでは何が何だかサッパリ訳が判らないでしょう。鶏の盲腸炎かと直訳する人もありましょう。だがしかし、そんなケチ臭いものではなく、これこそ山岸養鶏で絶対に損をしないで大儲けする秘訣を云い当てた最も簡にして要を得た適切な偶語です。
 山岸養鶏に成功する確実で賢明な方法は、山岸会特別講習研鑽会を一度は通ることで、入院とは一週間の特別講習を指したものです。
 それも明日と云わず今直ぐにその決意を固めることです。忙がしいから。お金が要るから。そんなにしなく共これで結構、充分やれているからまた困ったら。等云わないで、どんなに都合が悪るくても、鶏を飼う人は勿論、鶏に関係の無い人も人間である以上、一人残らず特講を受けることです。
 そしてその偉大な効果により、養鶏成功の秘訣と、それを通じて人間生活の凡て、人生目的、意義等の根本原理を知ることです。
 原水爆戦争の惨禍を簡単に食い止める方法も解りますよ。夫を、父を、吾が子を戦場に送り、空襲で逃げまどうイヤな戦争を、この世から絶無にすることが容易に出来るのです。その方法を責任を持って誰でも納得出来るまで話しますよ。戦争は無い方がよいでしょう。明日に迫る戦争の不安を控え、忙がしいとは何ですか。どんな忙がしい事情があっても、盲腸が痛んで来たのにまたそのうちにと云って延ばしていますか。お金が無い?お金が無いからと放って置けますかね、取り敢えず入院するでしょう。この特講は特効にも通じ、その素晴らしさにビックリしますよ。
 タッタ一週間で必ず成功する山岸養鶏への橋が渡れるのです。秘鍵が掴めるのです。必ず掴んで頂くことを確約しますよ。しかもお金の無い人には費用全部を立替えます。効果が無ければ永久に立替えて置きますし、弁償もします。
 毎日の時間の節約と、成績の好転で利益は高まるばかりで、そんな日時も費用も間も無く取り返せますよ。それに一度受講すれば一生の得ですよ。
 子供の本当の育て方も、本当に楽して儲かる商売の道も、農業全般・工業方面及び其の他、役所も、団体も会も、結婚も、生も死の問題も、人生の事一切が何でも必ず好都合に解決し、嫁姑・夫婦・親子の間柄も親戚、世間の人々との間の不都合も立ち処に消えてなくなります。
 幾十年の修養や、宗教で解けなかった怒りも、悩みもタダ一週間の特講で全部必ずスッキリ消滅し、毎日が嬉しくて嬉しくて、一生楽しく暮らせます。怒った顔は醜いです。悩みや心配事があると顔にシワがよりますよ。
 楽しく暮らせば皆若々しくなり、ニコニコした笑顔の美人になるのは当然でしょう。
 店員・従業員・学生・生徒・園児が素なおになり、教員間・宗教家間がうまく行く筈で、楽しい仕事は必ず身も軽く、成績がよくなり効率は高まるばかりです。
 農作物にも鶏にもお客様にも愛が移り親切になり、お金を儲けようと思わなくとも、業績が揚がりお金も慕い寄って来ます。
 今迄如何なる講習にも類例のない実績で、前回受講者全部が物心両面共に豊かになって頂きました。その実例の二三を紹介しましょう。
 第一回の特講の特効に驚いた修得者及びその家族・周囲の人達の要請により、第二回特講を来る六日から一週間開講されますが、既に満員超過し、第三回に振り宛て、別記の如く第三回を開講されます。第三回も今日(二月二十五日現在)早くも過半数の申込受付済みの盛況です。
 しかも申込者の殆んどが、家族や親戚者が多いと云う事で、一家全部が交替で受講したいと云う事や、一人でも多くにこの喜びを分たねば居られないと云う事は何を意味するかです。
 また一回受講した多数の人が再び受講を志望されて来られることは、そこに何物かがあらねばならないでしょう。
 しかし、一度受講した人は、二度受講する必要がないことになってありますから、それ等の人々には、別に特別高等研鑽会(特講修得会員のみ)を連続的に開催し、深奥を徹底的に探求しているのですが、矢張り全国から続々参集し、いつも盛会です。(定例・毎月十七日夕より徹夜数日)
 特講には、中途参加や、一部受講は半煮えになり、逆効果となりますから、全期間完全に参加出来る人のみとなってあります。
 参観者の入場の余地もありませんし、それでは難解や誤解が生じ、何も判りません。
 内容の一端を知り度い人には、何方でも歓迎しますから、特高研附属解説部へ遠慮なく来られて、具さに調査されることです。
 和歌山県那賀郡上名手支部の亀井正子さんの強引過ぎると誤解される程熱心な勧誘に、断りかねての余り顔だてのつもりで、二日程受講して帰る予定で参加した人ですが、二日目から面白くなり出して、非常な悩みが非常な喜びに変り、一週間を終了してもなお残り度い位によく解り、帰宅後「先ず実行」と家族や周囲の人に特講の内容について何も云わなかったのに、家庭全体が急に円満になり、鶏は元気になって毎日四貫目以上産卵するようになったそうです。飼料も特講で会得した給餌をしたために、頗る割安となり、こんな飼料でこんなにも産んで呉れては、鶏体に差支えないかと、鶏にますます慈愛の情が込められ、且つ合理的となったために、病廃鶏が全く出なくなり、いよいよ、ますます精出して働いて呉れるそうです。
 この場合、よく産むから家庭円満になったのでなく、受講しなかった家族の人が子供迄怒らなくなり、和かになった方が先であったこと、そのため、鶏が元気になりよく産み出した点について知らねばなりません。そうではありませんか? 家内中仲よく楽しく暮らす家が栄えるのは道理でしょう。
 皆さん、楽しいこんな家庭を造り度くありませんか。そんなことに一週間でなれるのですよ。
 怒れるものを堪忍するのは苦しいです。それではダメです。一週間の講習を受ければ、如何なる場合にも絶対怒れない人になれて、怒りの苦しみから解放されるのです。この点も保証しているのです。絶対に怒れない人にして上げます。
 また、高い餌を多く与えた処で多産するものでなく、特別経済飼料に切り変えれば安い餌代で却ってよく産むことも知らねばなりません。
 人間でも、心に不満・不安があれば如何に贅沢と思われる珍味も口に不味く、栄養が摂れない如く、鶏にも快適な管理と環境を与え美味しく食べさすなれば、粗食でもよく食べ、健康でよく産むものです。
 家庭を和やかにしようと、不和に暗くしようと家族の誰か一人が真から判れば必ず自由になりますが、殊によくよく調べてみると、老婆が案外主婦の座を占め、一家を牛じって威張っていることもあり、主婦が自分自身を厳しく反省し、その誤りに気付いて改め、和やかになると、夫も子供も老父母もキットやさしくなり、一家は和合します。そして、愉快な気持で鶏を飼えば鶏の成績のよくなることは云うまでもないでしょう。
 家庭の繁栄と幸福な安定した生活を願うなれば、他を責める前に自分の方に無理を押し通そうとしてはいないか、間違いがないかについて考え直す必要があります。
 養鶏の成績についても、鶏や飼料商や孵卵場をなじる前に、自己に手落や自分の心の裡に、怒りや悩みがないかを正すことです。
 また他に間違いのある時は、怒らずに怒らさずに直す方法がありますから、泣き寝入りしたり屈従する必要はありません。
 京都府園部町南八田の奥村和雄さんが受講され、受講しなかった奥さんの方が、却って御主人にも増してよくお判りになり、矢張り家庭はますます親和幸福に包まれ、今ではその喜びを広くお分けするために自発的に、日夜東奔西走活躍されています。飼鶏の産卵が数も大きさも急に上昇し、病鶏が少しも出なくなったそうです。
 京都府船井郡梅田村の加藤源治さんの鶏も、以上の方のように八割以上産卵し、増加する一方で、乳牛も乳量と、脂肪率が二・七から三・三に高まり、乳価が五円高に仕切られているそうです。一家の愛和歓喜がみなそうさせるのです。こんな家庭が一回の講習で造られるのです。受講者全部の変り方を調査されるなればどんなに幸福嫌いの人でも誰でも特講を受け度くなりましょう。
 いま全世界に急速に拡がりつゝあるのです。
 戦争の無い世界に急に転換する原理と、方法と、事実・・豊満な物資と健康と親愛の情に充つる安定した、快適なかつてない新しい現存のヤマギシズム社会の一端をお目にかけて、確信を得て頂きます。
 どんな事情があろう共、盲腸炎にかかったと思えばイト易し、山岸養鶏成功のために、一家、一生、子孫末代まで全人の仕合せのために、特講へ参加されますことを、誠意と責任を持って勧誘する次第です。
 この鶏界好況の年に、損をして不愉快になり、廃業しかけている人があります。小利に甘んじている人もあります。かような人も直ちに好転し、本当に大儲けが出来ますことを保証しておきます。
             一九五六、二、二五
▲ page top