BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 一、損をさせては申しわけないと思って言うのです ――

<< 二、真理から外れて、真果は得られない | main | 山岸養鶏の真髄 >>

Category: <山岸養鶏の真髄> | 2003.10.31 Friday 23:50

一、損をさせては申しわけないと思って言うのです

 養鶏をして損をする人が沢山います。よかれと思っての、かりそめの一言からでも、人を不幸にすることがありますから、養鶏を語る者の責任として言うのです。私は絶対損をさせない--必ず大儲けして頂ける養鶏について述べたいと思います。

一時的儲けの養鶏は

 例えば、土とサッカリンで造った偽菓子が値が安くて、手が出し易く、口には甘くて、腹は充たされ、一時の豊満感は得られても、続けていくうちに栄養失調になるのと同じようなものです。
 「そんな物は本当の食べ物じゃないですよ。山岸養鶏は、米か稗のように、軽くて、甘くもないのに、値が高く、口へ入れる迄に手がかかるが、これこそ身のためになる本当の食物ですよ」と、口を極めて説明するのですが、「面倒だ、そんな説明は聞き度くない。安くて甘い菓子を早く呉れ」と、うちでは責任上売らない偽菓子(損をする養鶏法)を急いで、こちらの言い分には耳をかしません。
 その人の目的は、末の結果には無頓着で、ただ、食べることとか、サッカクの味であったり、腹さえ膨れたらよいじゃあないか程度に止まり、本当の終局の目的について知ろうとしないから、話がイヨイヨ判らない。いつまでたっても本当の山岸養鶏の真価が解らないのです。


着眼点を変えて貰うために随分骨が折れます。

 養鶏というと、技術のみのように思い違いをしている頭の弱い人もいます。こんな発育の遅れた頭の人に、勝れた技術を与えることは、ピストルを子供に持たすようなもので、何をするかわかりません。
 ピストルや刃物は、使用法や目的のわかった、大丈夫と認められる人でないと渡せないのです。
 欲しがるものをアブなくて、ためによくないから後廻しにしておいて、聞きたくもない講釈を永々とやるので、カンが立つのでしょう。特に、自尊心の強い人は。
 私はどんな肩書のある人でも、怒る人は皆バカと決めています。知恵の足りない人としています。
 怒るとなおわからなくなります。
 山岸養鶏の何たるかを聞かないで、山岸養鶏は判らないし。
 山岸養鶏が判らないのに、本当の山岸養鶏は出来ないし。
 山岸養鶏を判って貰うには、得心の行くまで説明を聞いて貰わねばならないし、
 説明を聞くには、聞こうとする耳に取り変えて貰わないと、おそらく云うことが耳に入らないでしょう。
 ピントが外れているから、焦点を合わして貰わないとわけが判らないでしょう。
 先ず焦点を合わし、本当のものを理解しようとする頭で読んで下さるなれば、下手な説明でも山岸養鶏の真髄・真目的が判って頂けます。決して無茶や訳のわからんことを言っていないことも判るはずです。
 みんな欲のないことです。浅いことです。今のところみんなと言えるほど、欲なしばかりです。
 もっと大欲を--有形の大儲けをされたらどうですか。損をさしては申し訳けないと思います。永久の大儲けをして頂きたいから言うのです。

▲ page top