BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 真実は立替えであるから、必ず・・・ ――

<< この実態をあるがままに・・・ | main | 経営とか 運営について >>

Category: < つれづれ > | 2007.12.03 Monday 23:00

真実は立替えであるから、必ず・・・

なんのことか、分かる人には分かる・・・。
分かるというか、体験してるというか、味わってるというか、実感してる人かな・・・。
この革命はなんのためか? (革命という自覚・意識があれば の話)
自分が100年先に生きる(100年後を生きる)ということを考えてみたら・・・
50年先でも30年先でもいいけど

 物心何れにしても、誰か人の餌食になり終るものを、犠牲と云うのですが、この社会には犠牲はなく、この社会を造るにも犠牲者は一人も出しませんから、当人は報いを考えないが、真実は立替えであるから、必ず何かで終局的に返る仕組みになってあります。甘い考えで人の親切を取り切ることも出来ない仕掛けにしてあります。

Trackback URL


▲ page top