BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 8年ぶりの K さん ――

<< 研鑽とは | main | 8年ぶりの K さん >>

Category: マイプロフィール | 2007.10.21 Sunday 18:39

8年ぶりの K さん

「K さんが鈴鹿に来る機会に話をしたい」と恩田さんから聞いて、じっくり話ができそうだなと思って、楽しみにしてた。

K さんとなら、まとめて喋ることが出来そうな気がして、ふだんはそういう機会はあまりないし、小野さんからボイスレコーダ付きのMP3プレーヤーを借りて録音することができました。

8年間休止のような状態だという K さんですが、素朴かつ純粋な疑問、核心をついた的確な質問を、順序だててしてくれたおかげで、中身のある充実した時をすごすことができました。

ヤマギシでやってきたことに関する見解、鈴鹿に至るまでの経過、組織論・組織観・社会観・・・、鈴鹿での試みと研究で解明されてきたこと等々、2時間足らずですが、とても楽しい対談? でした。

(10月21日 9:00〜11:00 鈴鹿ハイツの研鑚会場にて)

私の発言の一部です。← クリックして聞いて下さい。

K さんからの「公表しないでほしい」との意向もあり、また僕自身あまり公表しない方がいいと思う事を多く喋っているので、一部を抜粋してみました。
これからも、今回のような、冷静な検討と真摯な質疑応答の場が持たれることを、とても楽しみにしています。2007.11.1

Comments

願っていたことが実現できた感じです。家庭と仕事に追われるなかずっと頭の隅から離れず気にしていたこと。K さんのなかから伝わってきました。sugie さんと K さん二人の間で聞きながら今までこれからを考えることができました。
公開よろしくお願いします。

対談録音テープ 聞かせてください。
公開される様なら 待ちます。
対談の録音聞きたいです。

Comment form

▲ page top