BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 「研鑽」とは (添え書き説明) ――

<< 希い と 目的  (続き) | main | 希い と 目的  (続きの続き) >>

Category: < 精神革命 > | 2007.09.19 Wednesday 09:00

「研鑽」とは (添え書き説明)

研鑽セミナーの「研鑽」とは

キメツケのない考え方で、本当はどうかと調べていくことです。
そんなことは当たり前だ、当然だ、誰だってそうだ、としていることも、百人中百人がそうだとしても、それが本当なのか、実際はどうなのか、なぜそういえるのか、と どこまでもどこまでも調べ続けるキメツケのない考え方です。

研鑽していくことにより、何かを信じ込んだり、疑ったりすることがなくなり、だまされるとか裏切られるとかもなくなるでしょう。怒って人を責めたり、落ち込んで諦めたり、優越感や劣等感なども自然に解消されていきます。

本当はどうか、実際はどうなんだろう、と調べていくことによって、過去の記憶や人に対する印象も、自分に対する見方も、どんどん変化し、今まで知らなかった自分に出会うことができ、自分を調べ、自分を知ることが楽しくなっていきます。

素直に、見て、聴いて、話し合えて、その人らしさ自分らしさを調べ発揮できるようになるためのセミナーです。
▲ page top