BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 本当の人間 ⇒ 研鑽人種  ――

<< 本当の人間 | main | 10人のメンバーとは・・・ >>

Category: < 人 間 理 > | 2005.04.30 Saturday 07:51

本当の人間 ⇒ 研鑽人種

)榲の人間 −−→ 感人種  ∨榲の人間 −−→ 研鑽人種

 感人種 ←−− 本当の人間 −−→ 研鑽人種

 純粋無垢な本当の人間(真の人間)で誰もが生まれてくる。
 人間も動物の一種だから、観念あり、感情あり、秀でた頭脳があるから、情報の蓄積・加工・発案など、知的能力を備えている。
 どんな動物にもある、過去に得た蓄積情報から、予測類推する学習能力。これがあるから自らの頭脳によって、円滑に行動できる。
共同主観ができるのも、言葉で会話できるのも、この学習能力があるからで、幼い頃から体験を積んで、自らの中に形成されていく。
 他の動物でも毎日、同じ時間に餌を与え続けると、その時間になると餌があるという観念ができる。簡単にいうと、このような情報活用能力。

)萋、同じ時間にあるから、今日もあるのが「当然だ」とする人間の観念。自分が見た・聞いた・思った事は、他の人もそう思っている筈だ、とする人間の観念。 これが我執の元かな? 感人種の始まりかな?

∨萋、同じ時間にあっても、次もそうなるとは限らない、自分はこう思うが他の人はどうだろう、と考え観察できる知能を持つ人間。これは、現状から比べると、かなり高度な頭脳の働きといえるのかもしれない。

 本当の人間のままでも、固定し易く主観主体になり易い観念というものを具えた動物、人間。
 ,悗皚△悗癲△匹舛蕕任盥圓韻襦
 研鑽が備わってこそ、無固定・客観の知的動物が実現する。
 或いは、本当の人間であり続けること自体、無固定・客観の証しかもしれない。
▲ page top