BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 希い と 目的  (続きの続き) ――

<< 「研鑽」とは (添え書き説明) | main | 「自分を知る」とは (研鑽会用解説) >>

Category: < つれづれ > | 2007.09.20 Thursday 23:00

希い と 目的  (続きの続き)

こんな仕事がしたいんだけど・・・、こんな住まいが理想なんだけど・・・。
「えぇっ! そんな仕事、うちにはないよ! そんな家ないよ!」
・・・という返答しかできないのは、よほど、頭が硬化しているか、視野が狭まり、考える力が弱まっているのだろう。

研鑽する頭脳は、「頭の柔軟さ」も「物事に対する順応性」も年齢に伴いどんどん高まっていく。どんなに難題と思われるようなことも諦めることなく、どこまでも創造的に考え出して適応していける。

「職や住まいがあればなあ」と指をくわえて待つか。
「職も住まいもいくらでもある」と凡てが手中の広大な世界。
 新聞広告を見ても、街には職も家もあふれている。

人がいる、物がある、職もある、家もある、そして、真目的・研鑽があると・・・。
何にでも、この方式はあて嵌められまして、その根本理念は、物にしても、心にしても、生命等迄も、それぞれその持ち味を、最大に役立たすことで、真にその価値を生かすことにあります。(具現方式は何にでも)

壊したり作ったりしなくても、現状そのままを最大に生かせる人。
キメツケなく、柔らかく考え、目的に集注して、積極果敢に行動できる人。
▲ page top