BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 希い と 目的  (続き) ――

<< 希い と 目的 | main | 「研鑽」とは (添え書き説明) >>

Category: < つれづれ > | 2007.09.15 Saturday 23:30

希い と 目的  (続き)

おーい 元気にしてるかー?
そちらでも、楽しく面白くやってるんだろうなー。

こっちではね・・・、
・ 一緒にやりたい仕事、手を貸して欲しい仕事が、たくさんあるんだ。
・ 風土・環境も暮らしやすくて、ほどよい距離に住まいもたくさんあるしね。
・ 近所に親しい人がたくさん居るっていうのは何かと心強くてね、なんでも自分だけで考えて処理せんならんことないし、助け合い任し合って暮らしてるよ。

よければ、いつでも、こっちへおいでよー。

Comments

情や勢いではダメだよね。

こっちへおいでよー の本意は・・・、
「物心両面共に満足して頂き、永久に責任を持ちましょう」 だよね。
 そう云える人(自分)を見つけ出す一週間の旅に出よう。
昨日、学育・学園から一緒だったK君、Rちゃんが来た。一人でがんばってる感じがして「寂しい寂しい」って何度も言っていた。 一緒にやりたいなあ・・・・。ここは、本当に心強い人たちに囲まれていると思う。同世代ともっとワイワイやりたいなあ。
 実現が、自分自身の本当の目的になること。自分の本当の目的を知ることでしょうか。まだまだ目の前の「事実」と思い違いしていることに振り回されているようです。

Comment form

▲ page top