BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 研鑽ライフホームの実態 ――

<< 研鑽社会の経済機構の現状 | main | Ymagishism My Life 2007 >>

Category: < 世界革命 > | 2007.08.26 Sunday 07:00

研鑽ライフホームの実態

1.研 鑽 ラ イ フ ホ ー ム 概 要
<真実の世界>
 各々真実の自分を知り、それぞれが真実の生き方の出来る社会
<昼の世界>
 枝葉・末節・表層のみに捉われないで、根源本質的なものに重点をおき、全体総てを明るい真昼の状態にします。
 政治・経済・社会・家庭等人類のあり方凡てに亘り、現状その侭で陽的に、愉快に、案外容易に、恰も暁に陽光が及ぶ が如く照らし出されて、明るい昼の世界が実現します。
<豊満な世界>
 物が泉の如く無限に出来て、水のように低い欲しい所へ自然に流れて来る仕掛けにし、心の面でも、安定と満足に暮らせる社会を目指しているのです。

2.研 鑽 ラ イ フ ホ ー ム 構 成
<研鑽会>
幸福な人生・快適な社会を実現するために、日々、研鑽会を行ないます。
 現状を指して「何故なのか」「どうするか」といく前に、自分・人・物事の事実・実際をよく観る研鑽。そして、「幸福な人生とは?」「快適な社会とは?」と、目指しているもの・本当の目的・真実を知る研鑽。

物事や人の言動についても、結果や表面的なことに捉われないで、本質的な中身に重点をおく研鑽。「実際はどうなのか」「実際はどうなのか」と、善し悪しもなく、解き明かしていくと、成り立ちがよく見えて、事態は変わらずとも、問題視は氷解し、展望が開け、現状その儘で、明るい爽やかな明日の姿が描けてくる。

そうして、自分のこと、人のこと、家族のこと、仕事のこと、家計のこと、過去のこと、将来のこと、人生万般について、話し合えるようになり、自ずと自他の隔てはなくなり、狭い自分の考えにとどまらない、多くの珍案・妙案・アイデアが寄り、和気藹々賑やかで暖かい気風みなぎり、人も物もお金も仕事も家庭も凡てが溶け合い通い合って、豊かに楽しく暮らせる社会が実現していくのです。
 毎日でも寄りたい研鑽会、日と時間を決めて、たやすく寄り会える場所で行ないます。

<メンバー>
 「研鑽ライフホームメンバー」とは、文字通り「研鑽人生の道」を歩む人、自らの「研鑽人生プラン」で暮らす人をさします。
 研鑽ライフは、一人でやってもよいのですが、周囲との違いのために消極的になったり、焦点がボケたりすることもあるので、同じ思いの「メンバー」がいつも寄って相談しながら暮らすことで、そうすることが研鑽ライフの大道となり、それぞれが道標となり、研鑽ライフというものが誰にも解り易いものとなります。
 自らが研鑽生活するということにとどまらず、「メンバー」が寄ることで、誰もが研鑽ライフに触れることができ、自分を知りながら、研鑽ライフの道に乗れるキッカケの役目を果たすことにもなります。

 しかし、研鑽ライフの軌道から横道にそれたり、研鑽ライフプランを見失いそうになった人は、一旦「メンバー」から外れることもあります。
 現「メンバー」は7名程だそうです。また、研修生コース・日常化レッスン等で「メンバー」候補続々誕生とのことです。
 「メンバー」は相互認証によって選ばれますが、どういう「メンバー」で研鑽ライフホームを構成しているか、研鑽ライフセンター会員などには、その都度公表していくという案は、いかがでしょう。

Kensan ・ Life ・ Home(2007.05.17)参照
▲ page top