BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 研鑽社会の経済機構の現状 ――

<< コペルニクス的転回・・・かな? | main | 研鑽ライフホームの実態 >>

Category: < 社 会 理 > | 2007.08.24 Friday 10:00

研鑽社会の経済機構の現状

<対象>
 研鑽による協力社会を自由意志で構成する人
<部門>
 研鑽ライフセンター会員、およびその家族
 研鑽ライフセンター
 研鑽科学研究所
 食料生産調達・物品流通・住居斡旋サポート等
 事業経営・資金運用
 生活経済・家計サポート・就職サポート
<生産手段>
 畑、水田、製麺、弁当製造、その他
<経営手段>
 as one company、エコサウンド、飲食店、その他
<生活手段>
 生産部門による生産物、その他生活品の流通や供給
 経営部門からの生活資金
 個々の就職先からの生活資金
 人の交流機会と連絡網、研鑽ライフサポート
<資産>
 研鑽ライフセンター研修所、マンション、等の取得物件
<資本>
 各自の意志により活用し得る知恵・経験・技術・身体・物資・資金など。
 無一文の同士から寄り合い、産み出していける経済力。
 財産を持たなくとも何の不安もない人たち。
 今日までの研鑽社会化活動の行蹟、凡て。


 物・金・頭・体・技・心・力・・・その人がやれることをやった分だけ、多くの人の暮らしに潤いがプラスされ、誰にも無理や負担がかからない相関連繋協力経済。
 一人一人の現状に即して、持ち味や能力を生かす、無理のない経済機構。

 財布を一つにするとか、しないとか等の個人の問題ではなく、現象的には個々の家計という形態をとっているが、独立した家計はなく、どの家計も成り立つよう、調整協力サポートし合う経済機構。

 労働に対する分配や報酬という概念はなく、各家庭の生活資金を調整融通するための経営。また、各経営体も独立経営ではなく、無理や負担が偏らないよう資金も人材も補完し合う相互援助経営。

 自ら、囲いや隔てを持ち続けたり、頑なに拒絶するような人でない限り、意図しなくても、なんの努力もなく、いつの間にか、研鑽社会の経済機構の中に住み暮らしている自分に気付かれるであろう。


<資本>土地・労働と並ぶ生産要素の一つ。
     (過去の生産活動が生み出した生産手段のストック)
<資産>金銭・土地・建物などの総称。財産
<経営>方針を定め、組織を整えて、持続的に事を営むこと。
<家計>一家の暮らし向き。一家の収入や支出など。生計。
<労働>生産手段や生活手段を作りだすため、体や知能を使って働くこと。
▲ page top