BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 研鑚を実用化する研究活動 ――

<< 人の中身について話そう | main | 2007.08 自分を知るための・・・ >>

Category: < 精神革命 > | 2007.08.07 Tuesday 16:00

研鑚を実用化する研究活動

肉体的にも精神的にも、痛みや苦しみがある場合は、先ずはそれを取り除きたいと欲するのは当然のことだと思う。その為に、医者や医術の力を借りる場合もあるだろう。
痛み・苦しみ・悩み・迷い等にさいなまれている状態で、自分を客観視しようとか、知性を働かせようとするのは、かなり難しいのではないだろうか。
研鑚でやろう、研鑚でやろう、としたけれど仲々・・・という原因は、そういうところにもあると思う。
研鑚会に参加すれば、研鑚できるように思ってきたが、そうではないようだ、研鑚し難い状態の場合は、先ず研鑚のための前準備が要るのではないか、ということで、いろいろと研究を重ねている。

幼少期からなら、素直にまっすぐに研鑚科学する知性を培いつつ、成長することができるだろう。
また、途中からでも、おおよその人は「研鑚セミナー」を経ることによって、研鑚へのキッカケが出来ると思う。
それ以外の人も「内観コース」を経ることによって、自己研鑽へのキッカケができるようだ。
あるいは、別の観点から、瞑想的な手法を取り入れて、自分を重く見ないトレーニングも研究課題としてある。
その他、その他、人の状態・症状というのは、無数にあるだろうから、これが決定版というのではなく、その人、その人に応じた方法の研究が必要な場合もあるだろう。

飛行機の理論はあっても、実用化技術が伴わない時代には、「やはり、飛行機なんて無理だ、駄目だ」とされていた。
金の要らない社会も、実用化の研究が進まないと、「やはり、そんな社会は無理だ、駄目だ」となる。

「人間性や知性の研究」と「研鑚の実用化研究」は、研究所と研鑚ライフセンターという機関があるからこそ、結果や成果をあせらずに一歩一歩、進めていけるのだと思う。


1959年10月「愛和」より
・・・それを転機として、山の研鑽がスムースに活動し始め、一体の理が現象化して来たわけで、本当の研鑽の産みの苦しみには生命が賭けられ、本当の研鑽には生命が吹き込まれていると思う。
 研鑽の理提案は私達だったとしても、本当の研鑽の理を明確に実現化し実用化し、活用出来るようにこの世に産み出したのは生命がけの業績だったと私は思っています。山の人々の中にもこの事実を確認している人が相当あります。


1960年4月「考え方の革命」より
 こうして、けんさん方式に考え方を革命した場合に、現在までに正しいかの如く思いこまれていたものが、続々とその間違を発見される。キメつけの考え方から、キメつけのない考え方への頭脳革命ともいうべきものであろう。
           :
 けんさん方式によると、その頑固さもその弊害も次々と発見され、頑固は急速に減退し、人と人との対立抗争がなくなり正しい社会が構成される。
           :
 このけんさん方式によれば、我執抜きは容易であり、怒り位はわけなく解決し、絶対に腹の立たない人の続々できることも当然のことである。



2006.6.17 研鑚を知らずに・・・
▲ page top