BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 本当の人間 ――

<< ある ない | main | 本当の人間 ⇒ 研鑽人種 >>

Category: < 人 間 理 > | 2005.04.28 Thursday 07:50

本当の人間

本当の人間になると、おかしな事は起こらない。毎日、仲良く楽しく愉快に暮らせる。
本当の人間を知らない。本当の人間を難しく考えている。だから、本当の人間を本気で知ろうとする気が起こらない。
本当ということはシンプルで簡単なことで、本当の人間というのも簡単で解り易いもの。
本当の人間になると、いつも清清しく、微笑んでいられる。

何かすること、何かしようとすることは、間違いではないのだが、何かしようとするから、清清しさが失われる、微笑んではいられなくなる。
何もせず、何にもりきまずにいれば、清清しく微笑んでいられる。
だがね!、これが、なかなか、何もせず、何もりきまず、これができないのが多い。
何か力を入れてやろうとするから、清清しさが失われる、微笑んでいられなくなる。本当の人間でなくなる。

本当の人間でなくなるようなこと、いくらやったって無効!!
「でも、何もやらないわけにはいかないだろ!」という声が聞こえてきそう。

何かやるのは間違いではないけど、やるなら清清しく微笑んでやれる本当の人間でやろう。
本当の人間にならないで、清清しく微笑むのは無理があるよ。

でも、やっぱり、本当の人間を知らないことが最大の原因だと思う。
それさえ知れば、「あっ今、本当の人間でないなっ」と気付いて立ち還れるもの。
易しい、易しい、本当の人間になろう。
▲ page top