BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 試験研究機関の充実 ――

<< 試験部門に向けて | main | 人の中身に焦点をあてる社会 >>

Category: < 具現方式 > | 2007.07.14 Saturday 02:00

試験研究機関の充実

研鑽科学研究所は、新たに専用事務所を設置して、そこを本拠地にして研究試験活動の充実をはかろうとしている。
必要経費の財源や、研究所専任者を置けない実情などなど、課題は多いが、これまでの経過からの必然として、試験研究機関の比重が高まってきた。


○ 実践の書研 → 合宿研鑽会 → 研鑚ライフセンター へと
   進んできた 実績と実証。
○ 「論理的究明 と 方法の試験研究 と 実施機関」 という
   システム連繋の有形化。
○ 即ち、「研鑚科学研究所 ←―→ 研鑚ライフセンター」

初めは、特講や研鑚学校の内容を参考にしたが、「怒り研・割り切り・無所有・一体」などなど、「結論先き出し」の感が強く、目に見える変化・効果は大きいが、「これがヤマギシズムだ」との観念着き易く、且つ促成メッキは剥げ易く、却って研鑚の体得とはかけ離れていた実情。

もっと、さかのぼって、元の元に立ち還って、正しいと思う理念も見直して、「人間とは?」「人間の考えとは?」「人間の現状は?」「どこに焦点を当てるか?」などなど、「人間理」という方向で研究が進むにつれて、研鑚ライフセンターで現在実施している線が出てきた。

現状は、実用研究・実用試験の段階であり、まだまだ根本的に見直し、改良発展し、大きく変わっていく面も多々あるだろう。




○ 「研鑚科学研究所 ←―→ 研鑚生活・研鑚社会」 の分野の開拓。

無自覚な旧来観念生活や人間観・社会観が根強い。
そこをそのままにして、正常な社会を作ろうとしても、人間観、社会観から始めなければ、新たな社会は実現しない。
生活観、仕事観、経済観、産業観、組織観、人生観、幸福観・・・を調べながら、本来の姿を見極めながら、社会活動を行なっていく。
仕事や暮らしの実動面を優先する環境下のままでは、目に見えて実益のない研究・試験活動は後回しになる。

「本当の社会を実現したい」といくら強い希いがあったとしても、従来の知識で、「持たない・放す・一つ・みんなの考え・調正・全員一致・話し合い・同列・平等」などなどを “正しい” としていては、いつまでたっても「本当」を調べられないから、それらを持ち込まないで、捉われないで、白紙の状態から、各自の目的を知り、それに適った暮らしや社会を調べながら試しながら、一歩一歩実施していく。


進みつつある社会理や産業理の研究と共に、心ある有志の集合・結束によって、生活面、社会面、産業面に於いても、実用研究・実用試験の段階に入っていけると思う。
各自の暮らしや仕事が、実用研究・実用試験の場になると思う。
研究し、試験し、実施し、また、研究し、試験し、実施し、・・・・
一歩一歩、踏みしめながら、研鑚社会システムが進んでいく。
▲ page top