BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― いよいよ 第一案 ――

<< 豊かさ や 喜び | main | 金の要らない・・・・ >>

Category: < 世界革命 > | 2007.06.19 Tuesday 15:00

いよいよ 第一案

その限界を定めて、お互いにその線を越えないこと。
                 (14.人情社会組織に改造)


「自由」って、とても簡単なことで、獲得することでも作り出すことでもない。
元々の何もない状態が「自由」。押し付けや束縛がない状態。
こんなもの実現できない人間は、やはり、かなり狂っている。

「自由にしよう」とか「自由になろう」なんて云わなくても、万人元々自由なんだけど、自分の自由は主張するくせに、人の自由を平然と侵そうとするのがいるから、他から自由を侵されないように、「自由を守る」機構・制度・運営が要る。


容喙・・・くちばしを入れること。横から口出しをすること。
干渉・・・他人のことに立ち入って自分の意思に従わせようとすること。


人は人の行為を縛る必要もなければ、人に行為を押し付ける必要もない筈。自分がやろうと思うことをやる。これは人間に限らずどんな動物でも、そうだと思う。

人にやめさせようとする、人にやらせようとする、それが、そもそも狂った人間の症状だと思う。だが、「悪いことだから」とか「良いことだから」と云って、これらを正当化している。

「自由」という言葉じゃなくて、「自由」とは、どういうことか。
ABC、イロハ、の基礎からしっかりやろうか。
人はその人の意志で行動する。つまり、私の意志で私以外の人が行動することはないのだから、先ずは、限界を定めなくても、元々ある限界を知ろうね。

妻がご飯を作るも作らんも、遊宴・外泊しようとも、こちらの意志とは、別のこと。そんなんで束縛や押し付けが出るなら、自由なんて、とても無理と思う。こういう場合も、倫理観や道徳観を入れて束縛や押し付けを正当化する。


不意に誤って害を及ぼしてしまうことはあるかもしれないが、故意に人を傷つけ危めようとするのは、やはり、人間の狂いから来るものだろう。
人に迷惑や危害を加えることは、狂った行為ということになるが、「迷惑や危害」ということを取り違えないように。

例えば、急に仕事を休んで迷惑をかけたというが、仕事の邪魔をしに来たら迷惑だろうが、休んで何もしないことが、なぜ迷惑なのか?
夫が他の人に気がいって、妻が不幸になったというが、かまってくれなかったり、他の人を好きになることが、人を不幸にするのか、どうか。
もっと、極端なことを言えば、あの人の存在が迷惑だと思う人もいるかもしれない。じゃあ、その人は存在していることで迷惑をかけていることになるのか。

自分の思い通りにならないのを迷惑だとか、被害を受けたとか、思う人も狂った人間の症状だろう。

今の人間界では、束縛し合い、押し付け合いによって、社会秩序が保たれ安心して暮らせる、となっているから、「自由を実現する」と、とても迷惑で害毒のように嫌う人も多く出るだろう。
何の危害も及んでないのに、「けしからん」「許せん」「放っておけん」と、自由を逆恨みされる場合もある。



研鑚コミュニティが、真に自由な天地であるために、先ず整備したい真の人間向きの機構と運営。
研鑚ライフサポートで、最も力を注ぎたいところ。
その限界を定めて、お互いにその線を越えないこと。
▲ page top