BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 「人間性の解明」から・・・「研鑽社会現象」へ ――

<< 研鑽の実現を | main | 人の営みをサポート >>

Category: < 世界革命 > | 2007.05.29 Tuesday 18:00

「人間性の解明」から・・・「研鑽社会現象」へ

<人間性の解明>
人間の特性である知能を生かす。
人間の知能を育み生かすことによって、人間らしく生きることができる。

<知性ある人間らしさ>
怒りや争いがない 疑いや憎しみがない 強要や侵犯がない。
人を愛し、自分を愛し、凡てのものを愛し、共に生かし合う。

<現状とのギャップ>
優秀と云われている学者・識者にも、怒りや争いがある。それは知性が足りないから。
人間らしく知性や心を育てるために、教育や躾を重視するが、教えられ、それを信じ、善悪を習い、常識や道徳を身に付けても、表面的なうわべのものは出来るが、決して人間性は育たない。
むしろ、教育や躾は人を裁く頑固さを植え付けるものであり、知能の育成を阻害する。

<知性を育み生かすプロセス>
自分を知るために自己を観察する。
自分の存在を調べ、自分の成り立ちや背景や凡ゆるものとの関連を知る。
         
人生を知るために人の存在を調べる。
人の一生を観察し、人生の目的や生きがいを知る。
         
社会を知るために人間本来の姿・本当の生き方を調べる。
人生の目的・人間本来の姿に適った社会組織や環境や生活を創造する。
「知性を育み生かす」とは、子供や青少年のことではなく、生涯を通じて人間性を高めていくということ。ここまで高めたら終わりというものでない。
成熟するほど崇高な知性あふれる人生が実現する。
知能を具えた人間である以上、万人もれなく、知性を育て、崇高な人間性を発揮することができる。


<社会の解明>
監視や取締りや罰則・抑圧の要らない社会
義務や責任、常識や道徳を押し付けない社会
ものの占有や偏在がなく、貧富の格差のない社会
他からの力に依らない自主自発的な各自の内なる知性と愛情によって保ち合う社会

<現状とのギャップ>
自由・平等を否定する人はいないだろうが、現状は、してはならない・しなければならないことだらけで、会社でも学校でも家庭でも人の上下を当然としている。
ある程度の不自由・不平等は当然として、それを外したら、社会が混乱するとしている。
教育や罰則の要る法律で治めていこうとする社会では、教えることや取り締まることを止めると秩序が保たれない。
社会的に認められることは良いことで、それに反することは悪いこととし、飴とムチで動物のように人を動かす社会では、その社会通念に順応して人々は生きている。

<具現方式によって>
先ずは、何でも言える、何でも聞ける、じっくり調べることができる「研鑽の場」を設けよう。
誰もが冷静に調べる時と場を得て、自分自身の中に、自分を知り、人生を知り、人間性を高めようとの方向性が見つけ出されると・・・、
一足飛びには行かないが、少しでもそのような暮らしを実現したいとの欲求が生まれる。
         
次に、何を願っているのか、本当の目的は何なのか、とことん調べる「目的研鑽の場」をもとう。
そこに同じ有志が相寄って相談することで、人間らしく成長し合っていく生き方、そうできる社会も不可能でないことが見えてくる。
         
そして、実現するには何が必要か、どうしたら実現するかの「方法研鑽の場」が生まれる。
次々と具体的な方法が考案され、生活環境や社会機構・制度の試験・実験へと具現化していく。

<研鑽社会現象>
研究に向いた人は、研究所を組織して、人や社会の研究に傾注した。
<研鑽科学研究所>

そこから、知性を育み生かす方法が、いろいろ考案され、試みとして各種の研鑽機会が設けられた。そして、生涯研鑽生活制度が、人間社会には不可欠な要素として、凡ての人を対象にした知性を育てるための機関へと発展してきた。
<研鑽ライフセンター>

研鑽ライフの軌道に乗る人が続々と生まれ、人間性を高め合おうとする暮らしや仕事へ、そして社会へと変化が現れてきた。
自ら進んで人間性を高めようとする人には、従来の義務や責任や監視も権利主張も要らなくなってくる。
それぞれの心からなる社会活動が、思いっきりやれるよう、互いにサポートし合っていく。
来る日も、来る日も、自分を調べ、人生を調べ、皆が快適に暮らせる社会を描きながら、知性を育て合い、互いを生かし合う親和協力社会現象。
<研鑽コミュニティ>
▲ page top