BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 研鑽の実現を ――

<< Kensan ・ Life ・ Home | main | 「人間性の解明」から・・・「研鑽社会現象」へ >>

Category: < 研鑽の理 > | 2007.05.26 Saturday 10:00

研鑽の実現を

ヤマギシズムの根幹は、「研鑽」にあると思います。
私どもでは、ヤマギシズムに代えて、「研鑽科学」という語を用いています。

山岸さんは、余命を知ってのことか、没する前の短期間に、実顕地と研鑽学校を出して亡くなった。
実顕地も、研鑽学校も、理念と云われている無所有も、一体も、ヤマギシズムから発したものだろう。だが、その逆は云えない。
つまり、実顕地が、研鑚学校が、無所有が、一体が、「ヤマギシズムだ」とは云えないだろう。
ヤマギシズムには、固定もキメツケも無いのに、ヤマギシズムでやろうとする人に固定・キメツケがないだろうか。

釈迦はキメツケのない人だったらしい。だが、周囲・後代の人にキメツケがある。
「釈迦はこう言った」とか「釈迦が言ったことは正しい」・・・と。

シャカは正直、教えもキメツケもしていない最も科学だと思う。
       :
弁証法はキメがないのに、やっている人達はキメがキツイ。

                    (1961.3.14 名古屋にて)

科学や研究そのものには、キメツケる要素はないが、科学や研究をする人にキメツケがないだろうか。
人間の考えは不確かなもので、「これこそは絶対に間違いない」と思ったことでも、ずっと先では、ひっくり返ることもある。
しかし、今日までの人間社会では、子どものころから、正しいとか間違いだとかを教えて、キメツケの訓練をし、その訓練した頭で、キメツケ裁きながら暮らしていく。良いこと、悪いこと、良い人、悪い人、・・・等々。
規則・法律・学問・等々、みなキメツケの上で成り立っている。社会そのものも取り決め・キメツケが無くなれば、混乱するとしている。
してはいけないこと、しなければならないこと、これは誰々のもの、・・・根拠があるとして堂々とキメツケている。
自分が直接見たこと、聞いたことも、教科書に書いてあることも、「事実だ」とキメツケられないのではないだろうか。
キメツケているという意識はなくても、深く強くキメツケが染み着いていて自覚がないことが殆どだろう。

キメツケの社会に育ち、キメツケの頭で、ヤマギシズムや釈迦に出会っても、「ヤマギシズムはこうだ」「釈迦はこう言った」とキメツケていく。

人間を調べ、人間の考えとはどういうものかを調べ、現状のキメツケ状態を自覚し、キメツケのない頭になっていくことによって、研鑚が始まる。
キメツケがなくなると、争うことがない。あれは良いとか、あれは間違いだとか、裁くことがない。
ヤマギシズムを実践するということは、研鑚を実現するということであり、
研鑚を実現するということは、研鑚する頭脳が実現することであり、
研鑚する人による生活行動からなる、研鑚社会が実現する。
▲ page top