BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 20代 30代 の諸氏へ ――

<< 沿革 (実証と方法と理念を) | main | Kensan ・ Life ・ Home >>

Category: < つれづれ > | 2007.05.13 Sunday 11:00

20代 30代 の諸氏へ

36歳の春、ヤマギシズムに出会って、20年目に一体の理に触れた感じがした。
それから後、2年程して、真実と研鑽が自分の中で繋がった。

1年や2年、研鑽会に参加し続けたところで、研鑽を会得できるものでないと思う。
今から、その方向で進んだとして、10年かかると思う。
10年かかっても、20年かかってもいいけど、今やってるくらいの研鑽会は、自分で実現できるようにならないと、将来この社会は決して実現しない。
外からの借り物や頭で覚えたものでは、その場に研鑽を実現することは、到底無理。
何があっても、意識しなくても、研鑽で頭が働くようになること。

研鑽を会得するまでは、まだ自分の頭は、宗教・信仰的だと思っておいたらよいと思う。
成果が上がると、「良いなぁ」と思うもの。これ全部宗教。
宗教アタマでは、研鑽がみえない。
真我も野島も研鑽も同じように見える。

長年、ヤマギシやってても、自分のものでやってない人は、自分の中に研鑽が培われていない。当然、研鑽と研鑽でないものとの区別がつかない。

研鑽を会得して、研鑽を実現できる人になろうとする人が欲しい。
事業経営なんて、上手にやる人、世界中にゴマンと居る。
研鑽を実現できる人、いまだ数人しか居ない。

考え方・あり方・思い方・納得の仕方の勉強ではなくてね。
先ず、現状の自分を知る、自分に着いているものを知る、目をそらさないでね。自分に着いてるもの見えたら、その先、真なるもの・・・。
自分で自分の中に見出すしかないよね。
周りに振り回されて、周りが気になって、自分のこと見てないもんな。

真実研鑽も自分の中にしかないと思うけど、いきなり、それ追いかけても、おぼれて、助けを求めて、やさしい宗教に心奪われていくのが、オチだからね。
10年かけて、自分の中に研鑽が宿るようにね。
▲ page top