BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 山岸会養鶏法に 遊び 嗜む ――

<< 産業理を実践する経営 | main | 無為乱筆 満六歳 >>

Category: < つれづれ > | 2007.03.24 Saturday 12:32

山岸会養鶏法に 遊び 嗜む

八 農 業 養 鷄 に は
技術よりも經営を、技術・經営よりも根本原理を先に
1 食卵養鷄が最適
2 飼鷄の適合羽数
3 鷄種は卵主交配種が有利
4 鶏舎は大体平面屋内式とします
5 育雛適期は春1回限りとする
6 育雛設備について
7 早期に乾燥屑米の無制限不断給餌とする
8 緑餌
9 水
  :
  :
  :
七 農 業 養 鷄 と は
農業養鷄の使命
農業経営の一環としての農業養鷄
副業養鷄は永続しない
農法と養鷄の関連性
鷄糞と農業経営
肥料問題の解決
農業養鷄の強靭性
経営上の弱点
その対策
技術面の弱点
その対策
余剰労力と人間生活
山岸会養鷄法の一貫性
物心共に滿ち足りた協力社会へ
農業養鷄の真髄
私はよく誤解されますが、共産主義を最上と考えるものではありませんし、又現在の資本主義経済は否定して居ます。他にこれ等と別に、全世界の人々の求める最上の社会組織なりと確信する、山岸イズムがあります。


産業をやる人は、それぞれの立場(例えば、派遣部門とか、飲食部門とか、流通簿部門とか)を、農業養鶏のところと置き換えて、拾い読みや走り読みでなく、繰り返しよく読んで研鑽すると、分かりすぎる程よく判り、現実味を帯びてくると思う。
  コンピュータをやる前は、実践の書や養鶏書を書写していました。
  コンピュータをやるようになってからは、資料を入力しました。
幼稚で迂遠に見える方法も、素読100回するより比較にならない埋蔵量を宿すかもしれません。
   てあしにも きかいやかねにも たよらない
      あるものみえる あるものいかすが けいえいかな
▲ page top