BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 世界革命実践 研鑽セミナー ――

<< 世界革命実践の書 | main | 研鑽社会化活動 >>

Category: < 世界革命 > | 2006.11.08 Wednesday 22:31

世界革命実践 研鑽セミナー

初めて「研鑽」に出会う機会

じっくり、ゆっくり、時間をかけて、かけて、自分そのものを調べる体験
 使いものにならない 頭の段階・気持ち・思い・考え・知識・理解・・・等々から離れる

人間にもつ知能に触れる・・・研鑽態度の賦植・・・真実開明

自分の存在・成り立ちを調べる・・・一体観の涵養

崇高本能 合真理指向 希望・願望・真目的・理想・・・真の幸福観

現状・既存に捉われない「真実の理想社会」「妥協のない人間社会」が描けてくる

「人間と社会の研究機関」「生涯研鑽生活制度」・・・必然性が見えてくる

研鑽サイエンスに基づく研鑽ライフ・・・研鑽社会の試み研鑽社会化活動

ダイナミックに 「自分の革命」から「世界革命」 までが、一望できる機会・・・研鑽セミナー
▲ page top