BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 5.同調の人々と共に ――

<< 6.山岸会と山岸式養鶏会との関連 | main | 4.技術出し惜しみの批難に対して >>

Category: ヤマギシズム社会の実態 > まえことば | 2003.11.03 Monday 00:06

5.同調の人々と共に

 この社会形態は、現在迄に唱え書かれている、理想社会と頗るよく似ている点と、ある点迄の半永久並行線と、全く正反対の部分があり、観方・行き方・言動に対し、一時は批難する人が現われるやも計られませんが、批難する前に、直接真相をよく検べてから、批判を加えられますなれば、私は如何なる批判をも、よろこんで聴き、誤りは速やかに正し度いと思うもので、既にこうした目的のために、幸福研鑽会と称する機会を設けて、それに力め各々の主張を話し合って、真実のものを見付け出し乍ら、同じ考え方で目標を等しくする人達と共に、相協力して実行しつつあります。
 力を多く結集する程早く、立派な理想社会が実現しますから、同調の人々の参加活動を切望します。
▲ page top