BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 5.正か逆か ――

<< 6.ヤマギシズム社会に | main | 4.わがために乞うにあらず >>

Category: 知的革命私案 > 一 正しきに戻す | 2003.11.02 Sunday 23:35

5.正か逆か

 私の言動が不可解で、事毎に逆手だそうです。こちらから見て今の世の中は、矛盾と欠陥・間違いの固まりだとしていますが、向う側からでは、仲々話しても説いても目に見せてさえも、解り兼ねるそうです。
 そんな世の中になれば結構ですが、出来ないよ、と云い切ります。それでは今のままでよいのかと云えば、いやな世だが仕方がない、こんなものだよ、と諦めます。いやならさらばをしてはと問えば、千年でも生きて居たいらしい。
 先方には私が見えないが、私には先方の姿が手に取るように明かで、真実の人生を見届けたら、訳なく解明出来るのです。何れが正か逆か、実験してみましょう。
 私の言葉や主張には、非常にあなたと合わないものがあると思いますが、最後まで聞いてみよう、理論を、慌てず眺めよう、結果をと、解る迄は、就かず離れずでつき合って欲しいです。
 金儲けを焦せるから儲けが小さく、躓いて大損をし、叱る程子供に応えなくなり、目をつり上げて角を生やすから、男心は去り行くのです。
▲ page top