BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 研鑽ライフの普及 ――

<< 変遷・・・45年目 | main | 社会の必須要素 ≪自覚 人格 資格≫ >>

Category: < 具現方式 > | 2006.10.21 Saturday 09:48

研鑽ライフの普及

  ・自他共に、そこをやろうとする人
  ・誰もが、知ることのできる機会
  ・やろうとする人を支える社会組織
  ・絶えず、そこを探り究めようとする機能

  ・http://www.scienz-school.jp/
  ・http://as-one.main.jp/
  ・http://www.scien-z.org/

    人間理研究
       ↓
    人間らしさ解明
       ↓
    現状の分析と把握
       ↓
    道筋や方法の考案
       ↓
    人間性復帰
       ↓
    人間性発揮
▲ page top