BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 真なるもの ――

<< 真の姿 | main | つれづれ無為乱筆1 >>

Category: < 研鑽の理 > | 2004.12.12 Sunday 22:52

真なるもの

普遍妥当性と思惟必然性をもつもの=真理
いつでもどこでも何人も、きっとそう考えねばならぬもの・・・真理
いつでもどこでも誰でも、きっとそう考えて落ち着く、ただ一つのもの

正しいとは、一に止まると書く。真理とは、このようなものではないか。
一切に通ずる永遠の原理
全体と結ばれたもの(全体的立場からみての行為)は真である

真とは時間的に永遠であり、空間的に無限
完とは真の内容(充実したもの)一貫したもの、実在
▲ page top