BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 研鑽科学研究所 ――

<< 名称 ・ 呼称 | main | 知 ら せ た い >>

Category: < 具現方式 > | 2006.12.26 Tuesday 09:00

研鑽科学研究所

人間理研究に基づく「研鑽ライフセンター」

社会理研究に基づく「研鑽社会化活動」

人間理研究部
 人間の本質、正常・健康な人間像を解明し、
 その要素を分析・抽出し、実現・具体化し得る方法を考案し、
 研鑽ライフセンターという機関を組織して、実施しています。
 人種・文化の違いを超えて、老若男女すべての人を対象に、
 従来の教育制度のようなものとは異なり、生涯を通して自分を研き高める人生を理想としています。

社会理研究部
 「政治・経済・家庭生活」の元となる「社会機構や制度」
 その元となる「人間社会そのものの捉え方」 つまり「社会観」
 「社会観」のベースは「人間観」
 「人間観・社会観」に基づく「幸福な社会像」   
 自分を知り、人生を知り、社会を知り、各人の中に培われる社会観。
 それが顕在化した社会生活を、研鑽社会化活動と呼んでいます。
 元来、人間が持っているであろう崇高な本能が求める、永遠に繁栄する幸福社会を実現しようとの生活行動が日常化した暮らし。
 家庭生活、学問・芸術、政治・経済、機構・制度の考案や運営など、凡ゆる生活行動が、その目的に集注し、一致協力して仲良く前進する 研鑽社会システム を目指しています。

クリックすると大きな画像が表示されます
▲ page top