BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 研鑚の理 ――

<< 人間理 | main | 社会理 >>

Category: < 研鑽の理 > | 2004.12.09 Thursday 22:50

研鑚の理

研鑚の理

真理にも空間的・時間的因果関係をもって生起消滅しているのであるから、現象としては、その因縁の組み合わせによって、その果として出来た現象は、時代性を帯びている。だから、研鑽会が必要なのである。

▲ page top