BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― よく ここまで きたな ――

<< 自分を知るための理念研鑽会 | main | 作る人と、使う人で、 >>

Category: < 世界革命 > | 2006.08.30 Wednesday 22:00

よく ここまで きたな

長年のヤマギシ組織の体験を経て、これでは先がない
やはり、束縛・押し付けのない社会、妥協や諦めで抑制しない社会を・・・
本質的な社会、それには、本当の社会の姿・あり方を調べ、知ることから。
          ↓↓
社会を作ろう、自分達の手で、一から実現しようとやってみると、
実現しない原因やら、実現していくための要素やら、・・・・・・
もっともっと研鑽が要ることが明らかになった。以来 幾歳・・・

研鑽の行程
そういう社会を顕わすには、
人格の要素が大きい、
先ず、そういう人が不可欠
      ↓↓
そういう人を養成するには、
機構・制度の要素が大きい、
先ず、そういう社会が不可欠
      ↓↓
人の養成に主眼をおく社会には、
そういう社会基盤作りに賭ける人の結束
実現の行程
そういう人が続々誕生し、
社会気風醸成
    ↑↑
    ↑↑
人の養成に主眼をおく社会
 (人間らしい人格)
    ↑↑
    ↑↑
社会基盤作りに賭ける人の結束


この社会システムが、実用段階にきていることが大きい。
その背景には、人と社会の本質を究明する研究機関と、
方法を考案し、実用化をはかる、試験・実験・実践機関
          ↓↓
<研鑚セミナー> <生涯学究制>
 

          ↓↓
これらを作る人と、これらに参加する人とで繰り広げる、社会モデルは、
一時的な情緒的 盛り上がりによる満足感・幸福感に浸ったり、自己一代のみの成果・出来映え・評価に喜ぶものでなく、
永遠の幸福・繁栄に、資するものであるか、どうか、が唯一の判定基準。
世界全人に歓迎・採用され得る普遍性ある社会システムか、どうか。


ここに登場するいくつかのキーワード、
<そういう社会> <そういう人> <人格> <機構・制度> <社会基盤>
これらについては、繰り返し詳述している通りです。
▲ page top