BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 自分を知るための理念研鑽会 ――

<< 自由度 自己診断テスト・・・ | main | よく ここまで きたな >>

Category: < 精神革命 > | 2006.08.19 Saturday 12:21

自分を知るための理念研鑽会

生涯学究制「自分を知るための研鑽会」の流れや研鑚項目などは、誰もが自分の実態を調べることができて、自覚が生まれるように、そこを目指してやっています。

そのベース・基盤となる、人間らしさ・観念の性質・認識のメカニズム・等々を論理的に理解・会得することが、社会生活の正常化にとって効果的なことだと考えています。

自己の心境や感情や観念固定を自覚できない人は、日常化レッスンなどで、繰り返し繰り返し、自覚を養う練習が必要だと思います。
それとは別に、自己を客観視できる段階に応じて、「自分を知るための理念研鑽」に入りたいと思います。

人間らしさ・観念の性質・認識のメカニズム・等々を観念的知識としてでなく、自覚を基に科学的に理解・会得する人が一人でも多く実在することが、この社会実現にはとても大きな要素だと考えています。


これらと同様に・・・
誰もが人生を知れる機会としての「人生を知るための研鑚会」
それを理解・会得する人による「人生を知るための理念研鑽会」
誰もが社会を知れる機会としての「社会を知るための研鑽会」
それを理解・会得する人による「社会を知るための理念研鑽会」
・・・という構成になっていくと思われます。
▲ page top