BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 具現方式 (その場が そうなるには・・・) ――

<< 「ほんとう研」 も 「もくてき研」から・・・ | main | 自由度 自己診断テスト・・・ >>

Category: < 具現方式 > | 2006.07.31 Monday 17:00

具現方式 (その場が そうなるには・・・)

「研鑚セミナー」や「合宿研鑽会」などを、じかに薦めても、それに当てはまるのは、極々稀な人だと思う。
研鑚会に送れば、その場が変わっていくと思い易いが、それは「人まかせ」「神だのみ」みたいなもので、逆だと思う。
その場が変わっていくことによって、研鑚会にいく人が現われるのだと思う。
人に研鑚会を薦めるより、その場をそういう場にしていくことだと思う。

子どもらの未来を考えて「保育園」や「学習塾」をやるのいいけど、
子どもが正常に育つ環境としての塾やサークルやセミナー等、どんどんやって欲しいけど、その場をそういう場にしていけるか、どうか、だと思う。
「さぬき兄弟」「仁」「ひまわり」「工場の請負い」「スリーシー」「エコサウンド」等々の中にもやめたらいいものあると思う。その場がそうならないもの、やる意味ないと思う。

かわるがわる交代で研鑽会に参加しても、その場がそうならない体験、たくさん積んで来たと思う。
でも、未だに、そこに関わる人が研鑚会に行けば、何か進むかの如く幻想を抱いている。

その場が、そうなってこそ、研鑚会に参加することが生かされるもの。
その場がそうなるには、そういう場にしていける人が不可欠と思う。
本当をベース自分の目的 で行こうとする人

そういう観点に立つと、一生懸命やってるとか、明るく仲良くやってるとか、研鑚会に力を入れてるとか、・・・・そういうことでは、本質的な方へ進んで行かないことが、よく分かると思う。
本当(真実)をベース に 自分自身の真目的 で行こうとする人を、その場に少なくとも一人は実現するよう、そういう人を養成する研鑚機会を生涯学究制に設けたいと思う。
そこで、認定を受けようとの意欲ある人によって、日常生活や職場生活の中に、はっきりとした目標ある研鑽が実現していく。

真理と方法を探究し合って行動する、真理実践の社会活動体 が、そこに実現する法。
▲ page top