BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 研鑽会についての私見 ――

<< 変遷・・・45年目 | main | 研鑚社会(as one)試案 >>

Category: < 研鑽の理 > | 2006.04.20 Thursday 21:17

研鑽会についての私見

研鑽会を設けて、研鑽会を実現するには・・・。
どうすれば、研鑽会になるか、という課題が出ることがあるが・・・、
それには、その前に、先ず、「研鑽会」というものを知ること、
つまり「研鑽会」というものを、どう認識しているか、が重要だと思う。

「研鑽会」=「精神革命」であり、「研鑽会」=「世界革命」であり、
「研鑽会」=「具現方式」であり、「研鑽会」=「社会活動」と思う。

「研鑽会」をした後に、何か活動することで、人や社会が変わるのではない。
何かの活動をするために「研鑽会」をするのでもない。

「研鑽会」の中で怒りが消え、執われが外れ、この世の成り立ちや自分を知る。
革命は「研鑽会」の中にある、手足を動かして働くことが幸福実現の道ではない。

「研鑽会」の後の活動に、革命運動や社会づくりがあると思っているとしたら、
「研鑽会」というものの位置付け・認識がまるで異ってくる。
従来の「研鑽会」と呼ばれるものは、ずっと、それをやってきたのではないか。
何か活動をするための「研鑽会」。
「研鑽会」の後に活動がある。だから「研鑽会」をする。
「研鑽会」ばかりしていても、何もしていることにならない、そういう「研鑽会」
それは、やはり「研鑽会」よりも、手足を動かすことに人間の幸福があるとする考え方の現われと思う。

話題を「研鑽会の実現」に戻すと・・・、
どうすれば、研鑽会が実現するか、という方法論よりも、先ず、「研鑽会」をどのように認識しているか。
つまり「研鑚会」というものを知る人の存在が不可欠と思う。

「研鑽会」を知るというステップが先ず要ると思う。それを欠いては、研鑽会の実現は無理と思う。



次に、「研鑽会」を知る人へ。

ヤマギシズム社会の構成は、研鑽会と構成員である。
構成員の中の十人のメンバーとは、研鑽会をする人だと思う。

 理想社会の実現に傾倒する人・・・
 四六時中それのみに没頭出来る人・・・
 敲かれようが真実に生き通せて・・・・
 無くなることを当然と心の用意が出来て・・・
 幸福な人生を送れるように仕向ける役割をする・・・
 逆コースを取らなくて、円滑に幸福生活が続くよう、補佐の役目を果し・・・
 自分勝手に、幸福人を造り護る活動行為をしている間の人・・・
 などなど、
「十人のメンバー」「要約」に書かれてあることは、「研鑽会」のことばかりだと思う。
 安全な道路を造り、街路樹を植え、香る花を蒔いて道標を立て、各種の交通機関を提供する・・・
(などなども研鑽会でのことと思う)

「研鑽会」の中に職場を観る・社会を観る・世界を観る・・・人。
オールメンバーとは不眠不休で働く人というようなイメージではなく、研鑽会という知的革命に全身全霊打ち込める人のことだと思う。
オールメンバー(十人のメンバー)が居なければ、この社会は成り立たない。
オールメンバー(十人のメンバー)だけでも、この社会は成り立たない。
▲ page top