BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 研鑚社会(as one)試案 ――

<< 研鑽会についての私見 | main | as one社会活動体 >>

Category: < 社 会 理 > | 2006.04.23 Sunday 21:13

研鑚社会(as one)試案

現状社会 から =====> 永遠の幸福・繁栄社会 へ伸展するプロセス

各自に適した社会生活が営まれ、その社会に適した機構・制度が運用される。

全員一致、総意運営、完全専門分業、財布一つ、私意尊重公意行・・・・等々それぞれ、使える人による使える社会で適用される。

呼称は適切ではないが、イメージする程度のものとして名付けてみた。
▲ page top