BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― ほんとう研 ――

<< 自覚が無い という滑稽さ | main | 目的・関心の一致 >>

Category: < つれづれ > | 2006.03.13 Monday 10:45

ほんとう研

長太会場にて 13時〜23時 参加者5名

変わり者会にしても、幸福研にしても、その場が何でも言える場か、どうか。
何でも言える、何でも聞ける、なんて、何でもないことのようだけど・・・、
「そんなのやめたら?」「別にやらんでもええやろ?」ってなことを言うと、
持ってる人、放せない人は、怒ったり、離れちゃったりする。

やればやる程、外せないものが増えて行く人がある。
やればやる程、それは、「本当」から遠ざかるもの。

どんなに、理想を抱いて、一生懸命に打ち込んで、明るく楽しくやってるように見えても、
今までは、それで「良いなあ」と思えたが、
これからは、それで「良いなあ」と思えないもの。
これは年齢に関係ないね。本当の若さとは、こんなところに現われるのかな。
▲ page top