BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― メモ (適性試験科) ――

<< 社会システムのモデルとして | main | メモ(生涯学究制の充実) >>

Category: < つれづれ > | 2006.01.18 Wednesday 10:22

メモ (適性試験科)

自分の実情 自分を外から眺める・・・客観視
ここに何をしに来たのか

私の仕事は何か 生きている間の仕事
仕事とは、・・・ 趣味・遊びが高じて
あと半年の命だと宣告されたら何をするか
自分に問う あれこれ考えるのと問うのとの違い
自分の外のものを原動力にするか、自分の中のもので動いているか
今、寝たきりになったら、これからどう生きるか

何に価値をおいて、何を優先して暮らしているか
現象か本心か 通用するもの 自分の真目的 ・・・が大事 ホントにそうか?
私の真目的は何か

自分に対する不足感、人や周囲に対する不足感

私は本当(真実)ということに、どれほど関心があるのだろう
関心のある人の結集 明るい世界   関心のある人が寄って・・・する
人の本当 本当の人 真実の人
目に見える部分よりも、形のないものに本当の価値があるのです
本当の安心 生涯の安心
本当の満足は何によって得られるか
本当の幸福

なぜ、そんなに自分の考えで、自分を処理しようとするのだろう
自分 自分 自分の考え
本当に希っていること
50年後100年後 次代 後代 自分の没後のために 生きている間にやること
▲ page top