BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 研鑚セミナー ――

<< 自然 と 人知 の ・・・ | main | メモ >>

Category: < 世界革命 > | 2005.12.31 Saturday 10:13

研鑚セミナー


鈴鹿に来た頃からあった「特講やりたい」との念い。初めての人に研鑚機会を・・・。
2005年 幸福研に新たな人が参加し、ますます、その必要性を感じ・・・。
九州からも来てもらい、研究会などの交流を・・・。
初めての人から予科課程に参加申し込みがあり、
息子や娘たちに是非研鑽機会を贈りたい・・・。
いよいよ、と云うか、遅ればせながら、と云うか、研鑽セミナー開催。

白川さん隆杉さん恩田三由紀さん、研鑽を知らせ伝えて、研鑽生活の入り口へのスタッフ・・・。
教えたり、知識や観念的になるのなら、逆効果、やらない方がまし・・・。
交代で誰もが研鑽のセミナーをやれるように・・・
研鑽セミナーをやってみると、自分が分かる・・・。
自分は、スタッフやるか、合宿研に参加するか、セミナーを受講するか・・・。

3月以降の開催には、もっと参加者が集まりそう。
ヤマギシの学園で特講うけた人も、研鑽セミナーへ・・・。
長年、研鑽会に参加している大人も、研鑽セミナーへ・・・。
転換したり、放せたり、スッキリしたり、明るくなったり、・・・・そういうのを目的としない研鑽セミナーへ・・・。

人間が火を使うようになり、やがて、科学技術を駆使して、今日の文明があるように。
人間の知能は、研鑽を会得し、人間自身の心の世界を開拓し、真理に即応した営みを実現しようとする。
今までの人間界には、かつてなかった、真の人間性を開花させ、各々の生活の端々に滲み出て、社会気風を醸成する。
研鑽を得た人の暮らしが始まる。研鑽を得た人たちの社会が始まる。研鑽社会気風が広がる・・・。
▲ page top