BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 自然 と 人知 の ・・・ ――

<< 人情社会の実態 | main | 研鑚セミナー >>

Category: < 人 間 理 > | 2005.12.28 Wednesday 10:12

自然 と 人知 の ・・・

自然な愛情
どんな動物にもあるであろう母性愛や家族愛。
見たり触れたりする機会があることで湧く愛情(血縁なくても)。
見かけただけの人にも湧く親しみ、身近な物への愛着、・・・自然な人の姿。

一体観からくる愛情
知 性
叡 智
==>
一体観
世界観
==>
無辺の親愛
人間の持つ知能によって、
全世界の人類間の繋がりや、自然万物 一体の一部としての存在を知り得る。
体感的な自然な愛情は、もちろんのこと、
一体観からくる大愛、無辺の愛情を基に人間界は営み得るもので、
そこには、貧困や争いなど起こりようがなく、
自然全人を愛する人間らしい社会。 愛と理知のみなぎる世界です。

追記
自然のままでは、体感的な周囲への愛情にとどまり易いから、
全人幸福親愛社会実現には、叡智による一体観の涵養こそ、先決であり、それ以外の道はないと思う。
自然な愛情 と 人間ならではの一体観からくる愛情 とを混線しないようにしたい。
▲ page top