BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 人情社会の実態 ――

<< 「思っている」という言葉・・・ | main | 自然 と 人知 の ・・・ >>

Category: < 社 会 理 > | 2005.12.27 Tuesday 10:11

人情社会の実態

人情社会は哲理顕現体
理念の究明
総合哲学に基づく
試験・実験
==> 機構・制度
自由・平等
物資の豊満
適材・適所
==> 人情味溢れる
明るい温かい社会
人情味や温かみは誰もが好むものだけど、
人情・やさしさ・親しさを重視して最優先しても、本当の社会はできないと思う。
必要条件ではあるが、十分条件ではないもの。
  十分条件・・・それがありさえすれば必ず成り立つような条件
  必要条件・・・成り立つために、必ずなくてはならない条件

追記
社会の機構や運営、或いは理念の話をしても、つい人情や温かみを言いたくなるのは、よほどそれらに飢えているからだろうか?
現状や旧来の感情を交えないで、真正社会のあり方を研鑽し、その構成と方法を探りたい。
▲ page top