BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 文化を育む ――

<< 「・・・は一日にしてならず」 というか | main | メモ >>

Category: < 世界革命 > | 2005.11.12 Saturday 09:51

文化を育む

【文化】
  人間の生活様式の全体。
  人類がみずからの手で築き上げてきた有形・無形の成果の総体。
  世の中が開けて生活内容が高まること。
  精神の働きにより作り出したもの。
  物質的所産は文明とよび、文化と区別される。

自覚〜人格〜個性〜技術〜芸術・・・人間性を探るなかで 文化 という話に至った。
  教え押し付け・固定停滞のない文化
  人と人とが隔てなく溶け合った文化
  貯蓄・保険に頼らない、不安・心配のない文化
  金銭による売買・損得勘定ない文化
  弧別核家族・金銭物資基調・自由競争の文化とは対照的なもの。

個の活動を指して文化とは呼ばない。
文化の中から生まれた活動・現象は、その文化の現われ・象徴。
文化を育む・・・・ 社会づくり とは、ちょっとニュアンスが違うかなー。
豊かな文化を育み 児孫に贈るこそ 生き甲斐
▲ page top