BOOKS: 『SCIENZ(サイエンズ)』
研鑽科学(ヤマギシズム)について(2008.8.1)
「ヤマギシズム」という語は、もう既に使う必要がなくなったが、「ヤマギシズム」という語が使われている間(消滅し終わるまで)は、その語源を明らかにしておきたいと思う。
―― 6.「無所有一体」社会への胎動期 1960年 ――

<< 5.「無所有一体」生活の実験的段階 1958年〜 | main | つれづれ無為乱筆4 >>

Category: <無所有一体へ> | 2005.02.25 Friday 21:37

6.「無所有一体」社会への胎動期 1960年

前にも述べたように「無所有」とか「一体」という表現は、山岸会の専用語でもなく、他でも用いられる言葉だが、ヤマギシズムでいう「無所有一体」を大まかに云うと、凡ゆるものが誰のものでもない、隔てや囲いなく自由に誰が使ってもよい、怒りや争いなく凡てが仲良く溶け合った世界。
この「無所有一体」世界を実践し、無所有一体の人、無所有一体の生活、無所有一体の社会、実現を目指した。
「無所有一体」を実践しようと志す人たちが集合した生活の場が、三重県伊賀町の春日山だったので、「無所有一体」を実践するということは、春日山のような生活をすることだ、との印象が広まった。
いろいろな体験を経て「無所有一体」研鑽が深まるにつれて、「無所有一体」とは財産を処分して出資したり、一ヶ所に集まって生活することではない、ということが明らかになってくる。
財産を処分したり一ヶ所で集合生活するのは「無所有一体」世界を生み出すための試験・実験的行動とも云えようか。それは、実験室での試験管的「無所有一体」の実証・検証とも云えるのかもしれない。
目指す世界は、全ての人が仲良く豊かに幸福一色で永遠に繁栄する社会だ。
世界中の何処でも誰でも行なえる普遍性のある万人に迎え入れられる社会の実現だ。

春日山のような生活体は「無所有一体」になっていくための方法・手段の一つかもしれないが、財産を処分したり住まいを移さなくとも、何処ででも現状そのままで「無所有一体」を実現する方法がある筈。
それは「無所有一体」の人になっていくような研鑽の機会と「無所有一体」生活になっていくような仕組みや運営。
春日山での体験・実験を通して「無所有一体」を実現する「人の要素」と「社会的要素」が明らかになってきた。

知らず知らずの内に人々の中に宿った価値観とは厄介なもので、社会通念 常識観念は共通観念となり、固定観念 頑固観念となる。その価値観に合致するものは賞賛され評価されるが、その反対のものは烙印を押され拒絶される。
それは、外見上の一時的な現象面を捉えて判定する根強い価値観である。
例えば、大きく広がり勢い盛んに繁盛しているものは「成功」といい、その反対の場合は「失敗」という。「成功した」とされるものは評価され有名になる、「失敗した」とされるものは評判が下がり批難されたりする。
当時の春日山の生活体も、一般的な「成功」を求める人から見たら、失敗の連続であり、「あれはダメだ」というだろう。実際に春日山に生活する人数は当初の半数以下になった。
目的は、豊かになって繁盛することでもなく、周囲から立派だと評価されることでもない。
そこに集まった人の中には、さじを投げた人も多くいたかもしれないが、小さくとも「無所有一体」実現・実験の成果・手応えから確信を得た人達がいたことだろう。

「研鑽」があるから周囲社会の価値観に拘泥しない。流されない。本筋から外れない。
「無所有一体」がうまく行っているとか、失敗したとか、「ヤマギシズム」は素晴らしいとか、ダメだとか、見た目からの常識観では判定できないのではないだろうか。
みんなが満足しているから正しいとか、不満があるのは間違っているからだとか、一概には云えないだろう。
その土地、その時代で、人々の価値観は変わっていく。その価値観に合わせた一時的成功や満足感を、いくら積み上げて行っても、それは砂上の楼閣であって、永遠に揺るぎない真の幸福のみ溢ぎる世界には届かない。
物が多くても少なくても囲い合いも奪い合いもない世界。
どんな事態にも争いなく仲良く溶け合って協力し合う世界。

「無所有一体」の本質に迫るときがきた。

1960年 ヤマギシズム生活実顕地、別名「金のいらない楽しい村」という表現で、「無所有一体」社会のあり方や、実現するための具現方式が出る。

未完
▲ page top